-Welcom saito's homepage !-

真空管アンプ

真空管アンプ  ”05年初めからキットを利用して真空管アンプの自作に取り掛かり300Bという真空管を使用したアンプを5台製作してみた。 シングル、パラ、プッシュと3極管の300Bにこだわってみた。 真空管のメーカーもソブテック、ドラゴン、ウエスタン、クラシック、なす管など取り替えて聴いている。 スピーカーはダイヤトーン、JBL、タンノイ、自作塩ビスピーカー、などなどを繋いで、JAZZを中心に楽しんでいる。 なかなか良い音がする。 最近ロシアの飛行機の通信管に使われていたという6C33CBという真空管のアンプを作ってみた。  シングルでパワーもありこれもなかなか良い。 やはり3極管である。 300B真空管アンプで、低音から高音までスケールの大きい、迫力のある音を求めるなら断然プッシュプルが良い。 シングルの場合は真空管によってかなり音が変わる。 真空管を取り換えながら聴く楽しみもなかなか捨て難い。  自作した真空管アンプを中心にスペックと独断と偏見での評価をコメントしてみた。 作者の趣味の紹介です。

真空管アンプ一覧

下記小さな写真にマウスを移動すると写真が拡大します。

 

サンオーデイオ SV-300BE





サンオーデイオ SV-300BE
品名SV-300BE
出力真空管300B/S×2
真空管製造中国 Ciassic-C-I
前段真空管6SN7×2
回路3極管直結2段
入力感度0.15V
出力8W×2
周波数特性15Hz〜30kHz(−3db)
重量15kg
制作年月2005年2月

特に中音域の音が素晴らしく、人の声は肉声と間違うほど。 演奏中の話声が良く聞こえる。  写真は中国の真空管だが、ウエスタンの300Bが一番フィットする。 制作は比較的簡単。 作者で1.5日程度。


アドバンス HC-1SE





アドバンス HC-1SE
品名SHC-1SE
出力真空管300B/S×2
真空管製造ロシア
前段真空管12AX7×1、6N1P×2
回路3極管+SRPP
入力感度0.35V
出力5.8W×2
周波数特性18Hz〜20kHz(−1db)
重量9kg
制作年月2005年3月

特に中音域の音が素晴らしい。 低音がやや迫力不足。 コンデンサを取り換え、トーンコントロールをパスする改造をすると音は格段に良くなる。 制作は比較的簡単。 作者で1.5日程度。


トライオード VP300BD





トライオード VP300BD
品名VP300BD
出力真空管300B/パラ×2
真空管製造中国 
前段真空管12AT7×2、6SN7×2
回路3極管直結3段カソード
入力感度0.5V
出力21W×2
周波数特性20Hz〜50kHz(±1.5db)
重量20kg
制作年月2005年4月

音は全体にスッキリした感じ。 300Bパラ接続の割に迫力なし。  制作は組立が込み入っていて困難。  ハンダ付が難しい訳ではない。 組立に難あり。 作者で2.5日程度。


オペラオーディオ C-M100Spluse





オペラオーディオ C-M100Spluse
品名C-M100Spluse
出力真空管300B/PP×2
真空管製造中国 98
前段真空管12AX7×2、6SN7×2
回路3極管
入力感度0.18V
出力25W×2
周波数特性8Hz〜60kHz(−3db)
重量20.4kg
購入年月2005年4月

低音から広域まで良くでている。 300Bプッシュプルの迫力。 円形のトランスも気に入っている。   スピーカーを選ばない。 すべてのジャンルの音楽に合うような気がする。


オーディオ専科 TINY-CHIEF





オーディオ専科 TINY-CHIEF
品名TINY-CHIEF
出力真空管300B/S×2
真空管製造中国 98
前段真空管6SL7×2
回路SRPP
入力感度1.0V
出力8W×2
周波数特性10Hz〜40kHz(±2db)
重量14kg
制作年月2005年10月

低音から広域まで音そのものが良くでているのが特徴。 プッシュプルの迫力を期待してはいけない。 入力のゲインが少ないのでプリアンプを入れると音が安定する。 制作はやや難しいが創造の喜びあり。  作者で2日程度。  


オーディオ専科 FOX-BAT_MK3





オーディオ専科 FOX-BAT_MK3
品名FOX-BAT_MK3
出力真空管6C33CB/S×2
真空管製造ロシア
前段真空管12AU7×2、12AU7×2
回路SRPP+3極管
入力感度1.0V
出力15W×2
周波数特性8Hz〜80kHz(±1db)
重量16kg
制作年月2008年1月

低音から広域まで幅広く音が良くでている。 パワーもまずまずで特に低音の伸びが素晴らしい。 真空管は300Bではないが、3極管のアンプは良い。  TINY-CHIEF同様、入力のゲインが少ないのでプリアンプを入れると音が安定する。 制作はやや難しいが創造の喜びあり。  作者で2日程度。  


サンバレー VP-300SE





サンバレー VP-300SE
品名VP-300SE
出力真空管300B/PP×2
真空管製造中国 98
前段真空管6SN7×2、6SN7×2
回路3極管直結
入力感度0.28V
出力22W×2
周波数特性10Hz〜90kHz(−3db)
重量23kg
制作年月2008年2月

低音から広域までスムーズに良くでている。 それでいて300Bプッシュプルの迫力もある。 やはりプッシュプルは良い。  オスカーピーターソンのピアノの音が気持ちよく響く。  スピーカーを選ばない。  制作があまり簡単なので驚いた。  作者で0.5日程度。 


自作塩ビスピーカー

自作塩ビスピーカー





スライドショー

スライドショーの機能・・スライドショーを開始する場合はStart釦を押す。止める時はStop釦を押す。 一コマづつの戻りや進みはBack及びNext釦を押す。最初の画像に戻す場合はFirst釦を押す。画像をクリックすると別ウインドウで見れます。

 
SV300BEアンプとJBL
  
スライドショーは 真空管アンプを表示
 
操作
Date
Access
Today
Yesterday
Last Update